当院の設備紹介

眼科検査・治療機器

スリットランプ コーワ SL15
眼の表面・前眼部を中心に検査するための顕微鏡です。角膜の傷を確認したり、白内障の程度を評価したりするために無くてはならない検査機械です。また、デジカメを取り付けてありますので、コードレスで動画・写真の撮影が可能。ご家族の方にもどんな画像が見えるのか確認していただけます。

眼圧計 アイケアフィンランド社 トノベット手持眼圧計

緑内障やぶどう膜炎といった重大な眼の病気の発生を確認するために用います。
また、白内障の詳細な観察や眼底検査のためには、散瞳処置(散瞳剤という点眼薬を用いて瞳孔を開く処置)を行いますが、その際にも事前に眼圧を確認します。

眼底カメラ メニワン クリアビューシステム

網膜や視神経乳頭といった眼底部の状態を確認するための専用カメラです。
網膜はく離や眼底出血、進行性網膜萎縮などの診断に威力を発揮します。

手術用顕微鏡 カールツァイスメディテック OPMI 1 FR pro
眼の細かい手術を行うために使います。
直径2.5cmの目の中の世界を立体的に拡大してとらえることが可能です。
角膜を縫う針や糸などはとても細く、これ無しでは、キチンと縫うことが難しいのです。

白内障超音波乳化吸引装置 エイエムオー・ジャパン ソブリンコンパクト
濁った水晶体を柔らかく(乳化)して、吸い取る(吸引)するための専用機械です。
眼に余計な負担がかからないように、その機能は、コンピューター制御で高度にコントロールされます。

その他の検査・治療機器

X線写真撮影装置 日立メディコ DR155HSIIシリーズ

超音波画像診断装置 GE横河メディカルシステム LOGIQ P5
胸部・腹部はもちろん、眼の検査にも活躍します。
また、カラー・連続波・パルス波のドプラー機能も搭載しておりますので、高度な心機能測定も行っております。

心電計 フクダ エム・イー工業 CARDISUNY α6000 AXD
一度に6誘導が記録できる、ラットトップ型の心電計です。不整脈の分類や心機能の確認に用います。

動物用生体情報モニタ フクダ エム・イー工業 AM130
手術中や重症動物の管理に使います。
心電図・動脈血酸素飽和度・カプノグラム・観血/非観血血圧・体温など、多くの情報を得ることができ、より安全な状態管理が可能です。

高周波手術装置(血管シーリング機能搭載電気メスシステム) ERBE(エルベ)社 VIO300D
高性能な電気メスシステムで、バイクランプというシーリングシステムを使用することができます。これにより、手術時間の短縮・体内に残す糸の減量(縫合糸反応性肉芽腫の予防)が可能となります。去勢・避妊手術から、複雑な外科手術まで、ほとんどの手術で使用します。

ICU装置 フクダ エム・イー工業 DearM10
心臓や肺の疾患に対する治療、重症動物の術前・術後など、高濃度の酸素吸入が求められる際に使用します。

ホルマリン消毒器 アスカメディカル アイホル ASK-VII20
オートクレーブ(高圧蒸気滅菌)が使えない器具・機械の消毒に用います。消毒といっても、無菌手術に用いる機械にも使うことが出来る、高度な消毒能力が証明されております。